いちご鼻をケアするスキンケアの3ステップとは?

いちご鼻,治す,洗顔料,クレンジング,

いちご鼻を改善するためには、何よりもスキンケアで肌の状態を良くすることが大切。

 

スキンケアの仕方に関しては、基本中の基本である「洗う」、「補う」、「守る」の3ステップに沿うように行いましょう。

 

自分が良いと思う化粧品なら使ってもいいし、決まった順番で使わなくても大きな問題はありません。
「○○してはダメ」、「○○しなくてはダメ」という事は基本的にありません。

 

ただし、顔の皮膚はとても薄くてデリケートなため「ゴシゴシこすってはダメ」これだけは守って下さい。

 

スキンケアを毎日の習慣にしよう

スキンケアは、毎日欠かさずに続けることが重要です。
歯磨きのように、当たり前の習慣にしましょう。

 

手順が面倒で続かないなら、もっとシンプルなケアに変えたほうがよいでしょう。
高級化粧品をライン使いしていても、毎日続けられないなら意味がありません。
それなら、化粧水一本だけでも毎日継続するほうが有効。

 

毎日のケアのベースがあれば、時には毛穴パックをしたり、美容液やクリームをプラスしてみたり、とスキンケアを楽しめるようになるでしょう。

 

いちご鼻,治す,洗顔料,クレンジング,

洗う

スキンケアのピラミッドの土台は、まずはしっかり「洗う」こと。
汚れやメイクをしっかり落とさなければ、その上にいくら美容液を塗っても肌に入っていきません。

 

さらに汚れた皮脂は毛穴につまり、いちご鼻が悪化することも。
肌を痛めないよう、やさしくしっかり落とす洗顔やクレンジングを使用しましょう。

 

補う

いちご鼻を気にする人は、洗うことばかりに気を取られてその後のステップが疎かになりがち。
傷んでいる肌を治すには、洗った後に水分を「補う」事が非常に大切なんです。

 

「美しい肌=水分が行き渡ったみずみずしい肌」と言っても良いでしょう。

 

しっかり潤っている肌は、ふっくら柔らかく、細胞の一つ一つの輝きにより全体がいきいきとしています。
肌に水分を与え、それが逃げないようにフタをする美容液やクリームなどで、しっかり肌を保湿してあげましょう。

 

守る

洗顔でしっかり汚れを落とし、美容液で潤いを与えたら、今度はそれを「守る」必要があります。
他のスキンケアをしっかりしていても、ここを押さえていないと台無しになってしまいます。

 

日焼けやシミ、そばかすだけでなく、乾燥やシワ、くすみといった「光老化」を招くからです。

 

肌の老化はターンオーバーの乱れにも繋がり、毛穴に詰まった角栓は紫外線で酸化して黒ずみになります。
日焼け止めや日傘などで肌をしっかり覆い、肌を守ってあげましょう。

 

この機会に正しいスキンケアを始めたいという方も、まずは「いちご鼻改善」を謳った洗顔料、美容液などを試してみる事をおすすめします。
慣れてきたら、時折ピーリングやパックをしてみるなど、自分流にアレンジしてみるのも楽しいですよ♪