いちご鼻の角栓は洗顔だけでは取れない!

いちご鼻,治す,洗顔

いちご鼻の原因は、皮脂の過剰分泌により、角質が毛穴に溜まっているということです。

 

この角栓を取り除く方法として、毛穴パックを使用したり、正しい洗顔をするという方法があります。
間違ったケアを続けていると、逆効果となる可能性があります。

よくある間違ったケアの方法は、角栓が気になるがあまり、何度も顔を洗ってしまうということ。

何度も顔を洗うと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥を招くことになります。
肌が乾燥した状態が続くと、それを防ぐために皮脂がさらに分泌されることになってしまうのです。

 

顔の洗いすぎもダメですので、基本的な洗顔の回数は朝と夜の2回、朝はお湯だけで、洗顔料を使用するのは、夜だけにすると良いでしょう。
肌のべたつきが気になるという場合でも、洗顔料を使用せず、ぬるま湯で顔をすすぐ程度にしましょう。

 

洗顔時や顔をすすぐ際に、冷たい水を使用してしまうと、毛穴が引き締ってしまうため、酸化した角質を取り除くことが出来ません。
その為、少し温かいと感じる程度のぬるま湯を使用するようにしましょう。

 

肌の乾燥を防ぐということが、いちご鼻を解消するためには、最も重要なことであるということを心掛けてスキンケアを行うことが大切です。

 

角栓を取れる洗顔とは?

いちご鼻の解消に効果を期待することが出来る洗顔料はどのようなものでしょうか?

 

いちご鼻の原因となっている角栓を化学的に取り除くことが出来る酵素洗顔やピーリング洗顔などが代表的です。
このような洗顔料の効果は非常に高く、一般的な洗顔料ではなかなか解消することが出来ないいちご鼻解消に役立ちます。
古くなった余分な角質を取り除くことが出来るため、肌がワントーン明るくなることもあります。

 

しかし、注意しなければならないこともあります。
まず、酵素洗顔料やピーリング洗顔料はタンパク質を分解する効果が高いため、毎日使用してしまうと、必要なものまで取り除かれてしまいます。
その為、毎日の使用は避けるようにしましょう。

 

次に、肌荒れをしている箇所がある場合には、使用しないことです。
肌が荒れている時は、肌が敏感になっていることも多く、そのような時に強い刺激が加わることで、状況が悪化してしまう可能性があります。

 

洗顔後は、しっかりと保湿ケアを行うようにしましょう。
通常の洗顔後も保湿ケアを行うことは重要ですが、比較的肌への刺激が強い酵素洗顔料やピーリング洗顔料を使用した時には、いつもより念入りにケアを行うように心掛けます。
自身の肌の状態を見極め、ケアの方法を工夫するようにしましょう。