オリーブオイルでいちご鼻が治るという噂があるらしい

いちご鼻,オリーブオイル

いちご鼻になると、ファンデーションを厚塗りしても隠しにくいので、悩んでいる女性は多くいます。

 

オリーブオイルで角栓ケアを行えば治るという噂があるので、それを試そうかと考えている方もあるかも知れませんが、これは肌に悪い方法なのでやめるようにしましょう。

 

この噂はテレビ番組で広がったものですが、実際に行うと角栓ケアになるどころか、毛穴の開きや黒ずみが悪化してしまうことがあります
オリーブオイルは、体に良いものとはいわれていますが、肌に塗っても良いとは限らないので、注意するようにしてください。

 

オリーブオイルは、およそ8割がオレイン酸という不飽和脂肪酸の一種で構成されていますが、この成分は菌に分解されやすく、酸化しやすいので、肌に塗るとニキビなどの肌トラブルの原因になります。

 

オレイン酸は保水効果や、肌を柔軟にする作用があるので、化粧品にも少量含まれていますが、成分そのものを自己判断で肌に塗るのは危険です。

 

ニキビや吹き出物、炎症などの肌トラブルに悩まされる可能性があるので、いちご鼻対策に使うのは、リスクが大きすぎますね。

 

肌がボロボロの状態になると、皮膚科で治療を受けなければならないこともあるので、余計なお金がかかります。
安全のことを考えるなら、いちご鼻を治したいときに、オリーブオイルを使うのは避けるようにしてください。

 

オレイン酸は不飽和脂肪酸になりいちご鼻を悪化させる

毛穴の開きや黒ずみ、角栓などを引き起こす原因の一つは不飽和脂肪酸です。

 

オリーブオイルのほとんどはオレイン酸で構成されており、オレイン酸は酸化すると不飽和脂肪酸に変化する成分として有名です。

 

毛穴が目立つ人は毛孔部で不全角化が起きていて、皮脂量が多いのが特徴です。
特に皮脂中の不飽和遊離脂肪酸の比率が高いため、その代表格であるオレイン酸を自分で顔の肌に塗ると、余計にひどくなります。

 

毛穴の開きが目立つ原因は、不飽和脂肪酸の増加によるものなので、むやみにオリーブオイルを塗るのはやめましょう。

 

それにマッサージ後は成分が必ず毛穴に残りますし、頑張って洗い流そうとすると、肌への負担が大きくなります。
肌に残ったオレイン酸は常在菌で分解されて、不飽和脂肪酸に変化し、毛穴開口部の肌を刺激します。
すると不全角化を引き起こし、毛穴をすり鉢状にへこませてしまうのです。

 

不全角化が起きると角栓や黒ずみが出来やすくなりますし、肌質によってはニキビが増えてしまいます。
いちご鼻だけでなく、他の肌トラブルも起こりやすくなるので、オリーブオイルを使ったケアを行うのは危険です。

 

不飽和脂肪酸が多い状態の肌に、さらに追加してしまうことになるので、いちご鼻を悪化させたくないなら使わないでください。

 

関連記事

不全角化とは?|毛穴が黒く目立つ原因