いちご鼻を綿棒でほじくるのは辞めた方がいい?

いちご鼻,治す,洗顔料,クレンジング,

いちご鼻は、小鼻や小鼻のまわりの毛穴に古い角質や皮脂、汚れなどが詰まっている状態。
詰まっている部分は黒い点のようになり、いちごの種のように見えることから、いちご鼻と呼ばれています。

 

改善をするためには毛穴を開き、詰まっている角質や皮脂、汚れを取り除くことが大切です。
綿棒を使用して黒い点を取り除こうとすると、お肌を痛める原因となってしまいますので、控えましょう。

 

毛穴が開く仕組みは、汗などを排出させる際に生じるため、お肌をあたため、自然に毛穴を開かせることが大切です。
蒸しタオルを小鼻に当てたり、スチームなどの蒸気を利用するのも良いでしょう。

 

お肌を軟化させ、黒い点が浮き上がってきても、綿棒でほじくることは避けましょう。
古い角質や汚れを奥に押し込んでしまう可能性が高まり、余計に取りづらくなります。

 

お肌を軟化させた後はクレンジング剤をやさしく塗布し、指の腹でマッサージをするように馴染ませます。
ぬるま湯でクレンジング剤を洗い流しましょう。

 

皮膚をこすらないように洗うことがポイントです。
お肌に摩擦を与えてしまうと、お肌へダメージを与えてしまい、症状が悪化してしまう可能性が高まります。

 

しっかりクレンジング剤を洗い流した後は、よく泡だてた洗顔料で包み込むように更に汚れを洗い流しましょう。

 

綿棒では、いちご鼻を悪化させる

いちご鼻の改善をするために、綿棒で詰まっている皮脂などを毛穴から絞るように押すのは、NGなケア方法です。

 

余計に毛穴が広がり、汚れが目立つ原因となります。

 

また、過度な洗浄を行うことでお肌が乾燥し、雑菌が入りやすくなり、その結果、より皮脂を分泌するようになって角質が溜まりやすくなります。
皮脂の過剰分泌はニキビなどの吹き出物の原因にもつながります。

 

皮脂をほじくり出しても、毛穴は開いたままなので、前よりも汚れが溜まりやすくなってしまうのです。

 

石鹸などで毛穴の汚れをやさしく落としたあとは、引き締めることがポイントです。
お肌をあたためて軟化させ、汚れを取ったあとは、化粧水などでたっぷり水分を与え、クリームなどで蓋をします。

 

しっかり保湿をされることでお肌のターンオーバーが正常に導かれるようになり、いちご鼻の改善が期待できます。

 

セルフケアのみではなかなか改善が見られない場合には、エステサロンでの施術も効果的です。
お肌に負担をかけずに汚れを取り除き、お肌を引き締める期待がもてます。

 

また、いちご鼻を隠すためにファンデーションを厚塗りしたり、コンシーラーを過剰に使用すると、余計に汚れがたまりやすくなるため、根本からの改善を行うことがポイントです。
ターンオーバーは一般的に一ヶ月ほどが一周期となっていますので、目安にし、日々のケアを行うことをおすすめします。